2011年08月30日

★CDへのコメント文★

びろうどねこ「Uneri」に寄せて
UrBANGUILDの店主の福西次郎さんから
コメント文をいただきました。

普段からライヴでお世話になっているUrBANGUILD、
レコーディングにも使わせていただきました。
9/25(日)にはUrBANGUILDでのレコ発ライヴも
予定しています。

CDに折込してある歌詞カードの裏面には、
次郎さんに描いていただいた肖像画を
使わせていただきました。

とても素敵な仕上がりです。
是非購入して観ていただきたいです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


遠慮がちな手のひらにのせて

そっと差し出された

つまびかれるもどかしさ

そして漠然とした確信

岸辺の見当たらない湖の凪

知らない街の時間を眺める

着地点の無い浮遊

うつろう夢想のゆくすえは

今ここにある見つからないもの



びろうどねこ / Uneri によせて
UrBANGUILD 福西次郎


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次郎さんのblogにも書いていただきました。
http://blog.livedoor.jp/urjdiary/archives/2999742.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらは、アルバムにも参加の
河端一さんよりいただきました。


猫とは何とも気紛れにして気侭極まりなし、
然れどその愛嬌故に憎めぬ奴なり。
びろうどねこ、果たして彼女は何処から来たのか?
そんなことはどうでもええか…。
その歌声は、何処ぞの港町のバーにて耳にせしが如し、
何とも懐かしくも異国情緒に溢れ、
つんとして聴き手を突き放さんとするかと思いきや
にゃ〜と甘え来るが如し。
近寄れば遠去かり、離れてみれば寄り添わんとする
そんな気紛れ且つ気侭な女の子が歌う
何処ぞの港町にて曾て耳にせしか
最も近くて最も遠い、最も遠くて最も近い歌。

河端一(Acid Mothers Temple)


みなさん、本当にありがとうございます。





posted by びろうどねこ at 19:53| DISCOGRAPHY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。