2011年09月19日

9/25 びろうどねこ1st album「Uneri」release party!!@UrBANGUILD

neko1.jpgneko2.jpg








9/25(日)
@京都UrBANGUILD
「びろうどねこ1st album"Uneri" release party!!」

・びろうどねこ
 guest: 河端一(Acid Mothers Temple) / ryotaro(ex elements)
・北川ハヲ(ZION)× ジェイムズ
・谷内一光 × もぐらが一周するまで × miku-mari
・大正コットンズ(Won Jiksoo × yukimaegaki)

OPEN 18:00 / START 18:30
adv.2000 yen with 1drink / door.2300 yen with 1drink
*来場者特典アリ!!”ねこと野獣グッズ”(数量限定)


先月の彦根・スミス記念堂でのびろうどねこファーストアルバム「Uneri」
レコ発ライヴに引き続き、
来る9/25(日)は京都UrBANGUILDで、リリースパーティライヴを行います。
豪華出演者、出そろいました。一夜限りのスペシャルライヴです。
是非足を運んで、ご体験ください。
来場者には、”ねこと野獣グッズ”(数量限定)特典も用意しております。

*ご予約・お問い合わせは、アバンギルドのサイトから、
http://www.urbanguild.net/
もしくはこちらへご連絡ください。
velvet-catアットマークhotmail.co.jp


◆出演者プロフィール◆

びろうどねこ-biroudoneko-
nekobanjo.jpg
滋賀県在住。
2009年より「びろうどねこ」としてアコースティックギター、
バンジョーでの弾き語りライヴを京都、滋賀を拠点に様々な場所で行う。
2011年8月にリリースした1st album「Uneri」にはソロをはじめ、
elementsのアコーディオ二ストryotaroほか、数名のゲストミュージシャンを
迎えたトラック、そしてスペシャルトラックとしてAcid Mothers Templeの
ギタリスト河端一とのスタジオ一発録りトラックを収録。
物語を映し出す不思議な世界は、今後もますます深く、広がってゆく。
カフェ朴での星座シリーズライヴに連続出演中、次回「秋の三角」は10/15、
稲田誠(コントラバス)と出演予定。
http://nekooooo.biroudo.jp/

河端一(Acid Mothers Temple)
kawabata.jpg
海外で絶大なる人気を誇るAcidMothersTempleの総帥として、
数多のツアーを行い、GONG、GURUGURUなどのレジェンドとの合体も果たす。
Rockそのものを体現する超絶ギタリストとしての姿以外にも、
関西人ならではの笑いと激辛スパイスの効いたユニットの数々、
ギタードローン、エレクトロニクスをはじめとするソロワークでは、
独自の静謐な世界観も持つ。
びろうどねこ1st Album「Uneri」にスペシャルトラックとして3曲、ゲスト参加。
http://ameblo.jp/speedguru/

ryotao(ex elements)
ryotaro.jpg
エレクトロニクスを融合したアコーディオン弾き。
96年から京都アンダーグラウンドシーンの重鎮[elements]に加入後、
数々のアングラの巨匠達との共演を経て近年、中山ラビのツアーメンバーを務め、
ミュージシャンだけでなくダンサー、舞台俳優、パフォーマー等との共演を展開。
またNY、LA,EUでのライヴ活動も精力的に行う。
'10,'11年と、coba主催のイヴェントに参加。
http://www.ryotaro.info/

北川ハヲ(ZION)
hawo.jpg
vocal&voice
80年代パンクシーンに触発されバンドを始める。
90年後半サエキケンゾウプロデュースのオムニバスCDに戸川純らとともに参加。
2007年AcidMothersTemple全米ツアー参加。
2009年ザイオン結成。

ジェイムズ
jamus.jpg
トランペット奏者。
米国のネバダ州出身。大学の音楽学部卒業後2002年来日。
ジャズ、ファンク、ラテン、レゲエ、フリー即興など、幅広いジャンルで演奏。
ビッグバンドの活動で藤井郷子、田村夏樹、宮崎隆睦、エリック・マリエンサル、
ボービー・シュー、ティム・ヘゲンズ、ブライアン・リンチ、コンラド・ハーワィグ、
ジョーン・フェドチョック、エングリド・ジェンセンらとの共演。
現在自身の無国籍騒音ユニット、JACKALS IN MONK ROBESで活動しながら、
GREENHORN JAZZ ORCHESTRA、WESTWINDS JAZZ ORCHESTRA、
荒崎英一郎BIG BAND、ZIONにも参加。ソロ演奏、作曲なども行う。

谷内一光
ikko.jpg
1984年京都生まれ。大阪在住の美術家。
2005年より展覧会「谷内一光時代」を軸に、国内外で多くの作品を発表。
力強く愛に溢れた作風が特徴。パフォーマンス活動では、キャンバスを床面に置き、
その上で色を浴びるように全身で描き、絵画を体現する“絵の具舞踏”と呼ばれる
独自の表現手段をクラブ・ギャラリー・劇場・野外・海外フェスティバルなどで展開。
http://taniuchiikko.jugem.jp

もぐらが一周するまで
mogura.jpg
音楽家佐藤亘によるソロプロジェクト。
関西を中心に2004年より活動を開始。サンプラーなどのいわゆるループとは違う、
ただただディレイの減衰 /増幅を利用してのエレクトリックギターミニマルミュージック。
ソロライブはもとより、近年はパーカッションとのデュオ形式をはじめ、ミュージシャン、
演劇、舞踏、狂言、ライブペイント、パフォーマー、映像集団・・・・とのセッションなど、
その活動は多岐に渡る。
http://www.myspace.com/moguragaissyu

miku-mari
mikumari.jpg
京都在住のマツムラタカヒロによる不定形ユニット。
原点であるパンク/ハードコアに始まり、NEW/NO WAVE、フリー・ジャズ、
ノイズミュージック、電子音響、サイケデリック、アンビエント、ダブなど、
それらのジャンルの先鋭性を抜群の嗅覚で抽出し、独自の編集センスでコラージュ。
ライブは、主にギター及びギターシンセを用いた演奏と、リアルタイム・サンプリングによる
自身のフレーズの反復と加工処理を即興的に組み合わせて展開する。
繰り返される断片は、ビートレスながら陶酔感の高いダンス・グルーヴを生じさせ、
現在進行形で行われる演奏と協和/不協和を引き起こしながら、フィジカルかつ
空間的拡がりを持つ唯一無二の音楽を生み出す。
http://www.myspace.com/mikumarihitori

大正コットンズ(Won Jiksoo × yukimaegaki)
cotton.jpg
ウォン「大正琴ってめっちゃ簡単そうやん?」ユッキー「そんなコトないですよぉ…」
ウォン「押しボタン式やし、やっぱ簡単そうやなぁ」ユッキー「そんなコトないですよぉ…」
ウォン「ぃいや、世界にはいろんな琴があるけどそん中でも一番簡単そうやな」
ユッキー「もう、ほんまにそんなコトないですから。」
以上、大正コットンズのリハーサルトークより。


posted by びろうどねこ at 14:35| LIVE INFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。