2011年08月30日

びろうどねこファーストアルバム「Uneri」

uneri.JPG
びろうどねこ/Uneri
VCL-001  1,800yen(tax in)
2011.8.6 release!!

1. 夢の中の象
2. 窓をあけて
3. 冬の街角
4. 鍵のない部屋
5. ゴッドハンド
6. 風が吹くなら
7. ふくろうの唄*
8. 赤い月*
9. うねり*

*special tracks
びろうどねこ×河端一(Acid Mothers Temple)

guest musician:
Ryuta Kobayashi・・・drums(1)
Kou Katsukata・・・contrabass(1)
Akiko Naruse・・・piano(3)
Machiko Sasaki・・・cello(3)
Masa Yamaguchi・・・percussion(4)
ryotaro・・・accordion and synthesizer(5)
Makoto Kawabata・・・electric guitar(7.8.9)

VELVET CAT LABEL 2011

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

今回びろうどねこ初リリースとなるアルバム「Uneri」にはソロでの
ギター、バンジョーでの弾き語りをはじめ、elementsのアコーディオニスト
ryotaroほか、数名のゲストミュージシャンを迎えたトラック、そして
スペシャルトラックとして3曲、Acid Mothers Templeのギタリスト、
河端一とのスタジオ一発録りトラックを収録。物語を旅する、珠玉の全9編。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

猫とは何とも気紛れにして気侭極まりなし、
然れどその愛嬌故に憎めぬ奴なり。
びろうどねこ、果たして彼女は何処から来たのか?
そんなことはどうでもええか…。
その歌声は、何処ぞの港町のバーにて耳にせしが如し、
何とも懐かしくも異国情緒に溢れ、
つんとして聴き手を突き放さんとするかと思いきや
にゃ〜と甘え来るが如し。
近寄れば遠去かり、離れてみれば寄り添わんとする
そんな気紛れ且つ気侭な女の子が歌う
何処ぞの港町にて曾て耳にせしか
最も近くて最も遠い、最も遠くて最も近い歌。

河端一(Acid Mothers Temple)



遠慮がちな手のひらにのせて

そっと差し出された

つまびかれるもどかしさ

そして漠然とした確信

岸辺の見当たらない湖の凪

知らない街の時間を眺める

着地点の無い浮遊

うつろう夢想のゆくすえは

今ここにある見つからないもの


びろうどねこ / Uneri によせて
UrBANGUILD 福西次郎


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

◆CDの購入について◆
ライヴ会場での手売りのほか、現在のところ、
こちらで購入可能です。

☆サンレインレコーズ(通販)
http://www.sunrain-records.com/
商品ページ↓
http://www.sunrain-records.com/catalog-3372.html

☆初恋レコード(滋賀彦根/店舗販売)
http://blog.ap.teacup.com/pery/


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「Uneri」について

やっと、形にすることができました。
本当にたくさんの時間と想いが詰まった作品です。
みなさんに心から感謝します。
「Uneri」は、短編集みたいな作品です。
いろんな風景や物語が詰まっています。
日常から近いところや、遠いところへ旅するように。
また読みたくなる本のようなそんな一枚になれば
うれしいです。

びろうどねこ

posted by びろうどねこ at 20:47| DISCOGRAPHY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今後のLIVE SCHEDULE(new)

ホームページの方は今、更新できない状況ですので
しばらく、情報はすべてblogに投稿します。
ご予約はライヴ会場か、こちらのメールアドレスでも受け付けております。
velvet-catアットマークhotmail.co.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今後のLIVE SCHEDULE

9/25(日)
@京都UrBANGUILD
「びろうどねこ1st album"Uneri" release party!!」

・びろうどねこ
 guest: 河端一(Acid Mothers Temple) / ryotaro(ex elements)
・北川ハヲ(ZION)× ジェイムズ
・谷内一光 × もぐらが一周するまで × miku-mari
・大正コットンズ(ウォン・ジクスー × yukimaegaki)

OPEN 18:00 / START 18:30
adv.2000 yen with 1drink / door.2300 yen with 1drink
*来場者特典アリ!!”ねこと野獣グッズ”(数量限定)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
10/1(土)
@滋賀太子ホール

「虹色ライブショウvol.142」
イシダストン
びろうどねこ
金丸亮太(from雨市)

開場18:30開演19:00
料金1,200円 高校生以下700円(ドリンクなど別)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
10/8(土)
@神戸Big Apple

・playpot(倉本高弘 Viola da gamba、森川訓恵 箏、佐々木真知子 Cello)
http://eruka0126.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/playpot.html

・ダメ人間共同体 (長谷川夕記 ドラム、水元マリオ ベース)
http://tosp.co.jp/i.asp?I=xdameningenx

・Ma
(Cello,Instruments)

・びろうどねこ

START 19:30
前1800、当2000

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
10/15(土)
@滋賀彦根カフェ朴
「秋の三角〜ザウラク・デネブカイトス・フォーマルハウト〜 」

・バクウォンズ(ウォン・ジクスー/都築漠)
・びろうどねこ + 稲田誠(コントラバス)
・結晶(依田正樹/山下みちか)

開場17:30開演18:30
2000円(要1オーダー)

星座シリーズ 、秋のテーマは「リーディング」

ご予約・お問い合わせは
bo-cyan@hotmail.co.jp (KIKURI/野本)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
10/29(土)
@なんばベアーズ
穂高亜希子「ひかるゆめ」レコ発ライヴ

・穂高亜希子(穂高亜希子、服部将典、吉田悠樹)
・JOJO広重
・びろうどねこ

前売り2000円当日2500円
開場18時半開演19時

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
11/23(祝)
@ライト商会
《キモノ×お歌》のスペシャル企画
http://dropsinaday.blog.fc2.com/

お昼過ぎ〜夜の始めくらい迄
(ライト商会で着付け→京都散策→ライト商会でライブ)

料金:4,000円(着物で京都散策+ライブの方)*雨天の場合、3,000円
   2,000円(ライブのみの方)

キモノ担当:エナメル卿 店主 アンティークキモノ ヒメノルミ

お歌担当:びろうどねこ ゆや

*ライブのみ参加の方は、開演前にライト商会へお越し下さい
*アンティークキモノを着ていただくため、雨天の場合は、ライブ迄
 ライト商会でお過ごしいただくことになります。ご了承下さい

お席の数が限られておりますので、予約制とさせていただいております

予約:bingo-uta@mail.goo.ne.jpまで

お名前、人数、そして、着物で散策+ライブ or ライブのみ
のご参加どちらかをお教え下さい


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

★びろうどねこ1st album「Uneri」1800yen(tax in)

ライヴ会場で購入可能です!!是非足をお運びくださいませ。
posted by びろうどねこ at 20:23| LIVE INFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★CDへのコメント文★

びろうどねこ「Uneri」に寄せて
UrBANGUILDの店主の福西次郎さんから
コメント文をいただきました。

普段からライヴでお世話になっているUrBANGUILD、
レコーディングにも使わせていただきました。
9/25(日)にはUrBANGUILDでのレコ発ライヴも
予定しています。

CDに折込してある歌詞カードの裏面には、
次郎さんに描いていただいた肖像画を
使わせていただきました。

とても素敵な仕上がりです。
是非購入して観ていただきたいです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


遠慮がちな手のひらにのせて

そっと差し出された

つまびかれるもどかしさ

そして漠然とした確信

岸辺の見当たらない湖の凪

知らない街の時間を眺める

着地点の無い浮遊

うつろう夢想のゆくすえは

今ここにある見つからないもの



びろうどねこ / Uneri によせて
UrBANGUILD 福西次郎


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次郎さんのblogにも書いていただきました。
http://blog.livedoor.jp/urjdiary/archives/2999742.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらは、アルバムにも参加の
河端一さんよりいただきました。


猫とは何とも気紛れにして気侭極まりなし、
然れどその愛嬌故に憎めぬ奴なり。
びろうどねこ、果たして彼女は何処から来たのか?
そんなことはどうでもええか…。
その歌声は、何処ぞの港町のバーにて耳にせしが如し、
何とも懐かしくも異国情緒に溢れ、
つんとして聴き手を突き放さんとするかと思いきや
にゃ〜と甘え来るが如し。
近寄れば遠去かり、離れてみれば寄り添わんとする
そんな気紛れ且つ気侭な女の子が歌う
何処ぞの港町にて曾て耳にせしか
最も近くて最も遠い、最も遠くて最も近い歌。

河端一(Acid Mothers Temple)


みなさん、本当にありがとうございます。



posted by びろうどねこ at 19:53| DISCOGRAPHY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。