2011年05月23日

Ur食堂LIVE

5/19はUrBANGUILDの食堂LIVEの日で
びろうどねこ+ryotaroでライヴをしました。

来てくれた方々、本当にありがとうございました。
素敵な時間を過ごせました。

食堂LIVEの日は、お客さんも出演者も、
いつもより気軽に、UrBANGUILDの空間を楽しめる
いいイヴェントだと思います。

この日、びろうどねこの後に演奏したHANNAH HOWESちゃん。
ニュージーランドからツアーで来ているようです。
放浪する唄うたいといった感じです。キュートな女性でした。
彼女の付けていたペンダント、
自然への信仰が象徴されていて、ほんとに素敵だったな。
わたしのCDができたら、送る約束をしました。
へたな英語でも、話せばなんとかコミュニケーションできるのですね。

UrBANGUILD店主の福西次郎氏がBLOG
「びろうどねこ」のこと、書いてくださっています。
ありがとうございます。

絵画モデル、是非よろこんで引き受けます。


posted by びろうどねこ at 01:01| DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月18日

早川義夫+佐久間正英

先日、早川義夫さん+佐久間正英さんのライヴに行ってきました。
前座は、いつもお世話になっているライヴハウス「夜想」の
虹色エレジーさんでした。

アコギがまだ上手に弾けないころ、「サルビアの花」
を練習して唄っていました。
トルコのカッパドキアでも唄いました。

早川さんのうたは、はっとするような
当たり前のようなことが、愛おしく思えるような、
弱い自分も受け入れたくなるような、
こころの普段触れていないところに、そっと、ときには
わしづかみにされるような、そんな、うた。

ほんとの「うた」って、真ん中にこころがあるものなのだなぁ
こころが真ん中にあれば、言葉はなくとも、「うた」なんだなぁ
と、ふと、早川義夫さんの「音楽」という曲を聴きながら感じました。

ちゃっかりサインもいただいた「I LOVE HONZI」を繰り返し
聴いています。
また、滋賀にもライヴに来てくれるかな。
posted by びろうどねこ at 22:31| DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蔵開きライヴ@藤居本家

ゴールデンウィークの最中の5月7日
滋賀県愛荘町にある酒蔵、藤居本家の蔵開きのイベントに
お誘いいただきました。

酒蔵とは別館の店舗の二階、グランドピアノも置いてある
「ケヤキの大広間」は音が美しく響き渡る空間で、
気持ちよく演奏できました。
普段、あまり演奏しない曲もやりたい、と思い、
酒に合いそうな曲など考えてみたのですが、ううむ、、
ひとり酒、しんみりとこんな感じでどうでしょう
びろうどねこのブルーズ「ブルー」途中からです
http://www.youtube.com/watch?v=No0u2wbyggM

共演のTomoe Inoueさん、mikiさん、
とても素敵な演奏で、心地のよい時間を過ごせました。

ライヴ後、大正時代に建てられたという酒蔵を見学させて
いただきました。
静謐で、酒の主が棲んでいそうな場所でした。
蔵元のお話、大変興味深いもので、貴重な体験をしました。
日本酒がとても魅力的に思えました。
藤居本家、素敵な場所です。酒蔵見学、是非おすすめです。

この日来ていただいた方たちと本当に
楽しい時間が過ごせました。
みなさん、どうもありがとうございました!







posted by びろうどねこ at 21:57| DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。