2011年02月18日

ひさびさに更新!

みなさん、こんにちは。びろうどねこです。
気がつけば、もう年が明けてから1ヶ月以上が過ぎたんですね。
ずっとこのブログ放置してしまいました。

その間たくさんのライヴをさせていただき、
レコーディングもしていました。現在もまだ続いておるのですが、、
いろんな人との出会いもあり、身近な人との別れもありました。
いろんな感情がこころを揺さぶりましたが
すべてが自分にとっての大切なメッセージなのだと思えます。


先日の1/23の彦根のmonochrome展でのライヴの模様をyoutubeに
アップしていただきました。
この日はアコーディオンのryotaroさんに参加してもらっています。
_MG_0018.JPG
photo by Kazuo Yamashita-clip-
右下に見えるのは、ひょうたんランプです。
新年早々のうれしいプレゼントでした。
模様にクロスが入っていたり、赤いしずく型のガラス玉が
付いているんです。さくらさん、ありがとう♪
素敵な双子のさくらさん&ゆうこさん。また会いたいな。

ふわーっと、風のように自然でありたい。

風がふくなら わたしは砂になり 旅をしよう 遠く 遠くまで


次週、2日連続でライヴがあります。
みなさん是非いらしてください!
26日のカフェ朴ライヴでは、びろうどねこはAcid Mothers Templeの
超絶ギタリスト、河端一氏との共演です。とても楽しみです。

■2月25日(金)
@京都烏丸丸太町 NEGAPOSI
open 18:00 / start 19:00
adv.1200 / door.1500 (drink別)
かじきゆり / フテハリ / びろうどねこ

■2月26日(土)@彦根 カフェ朴 (0749-22-0839)
http://moku.hacca.jp/
〒522-0001 滋賀県彦根市尾末町1-59 護国神社敷地内
※JR彦根駅西口より彦根城に向かって徒歩8分
朴ライブ-表2.jpg

「天空地図〜星々の歌う夜〜」

正午なり + 河端一
タケヤリシュンタ (さんましめさば)
びろうどねこ (ゲスト : 河端一)

open 17:30 / start 18:30
door ¥2500
予約・問い合わせ : bo-cyan[at]hotmail.co.jp (KIKURI / 野本)
23112472_571604783_53large.jpg
◆ 正午なり+河端一(AcidMothersTemple)
昨年8月のスミス記念堂シリーズライヴでの共演の記憶も鮮やかな、この組み合わせが彦根で再び!90年代末より名古屋を拠点に活動するフォークデュオ「正午なり」と、Acid Mothers Temple総帥「河端一」の関係は、97年大晦日@名古屋聖家族の閉店ライヴ「葬式」にまで遡る。 その後幾度の共演を経て、正午なり1st「水から生まれる」2nd「黒のブルース」に河端一がギタリストとして全面参加、プロデュースや録音も担当。鋭く切り込むような肉声の持つ力、そしてその力に拮抗するギターの叫びは、お互いに響き合い、聴く者の心の奥深くを振るわせる。
正午なりhttp://www001.upp.so-net.ne.jp/syogonari/
河端一(AcidMothersTemple)http://www.acidmothers.com/

1dfb1349-s.jpg
◆タケヤリシュンタ(さんましめさば)
神戸在住。正統トラッドの香りを感じさせる日本では貴重なバンドである「さんましめさば」のギタリスト。弦の行間に繊細な情感溢れるギターの響きと柔らかな声も特筆すべきもの。
http://sanmasimesaba.seesaa.net/

DSC_03903.jpg
◆びろうどねこ(ゲスト:河端一)
滋賀県在住。バンド活動を経て、2008年よりソロ活動を始める。2009年より「びろうどねこ」として、アコースティック・ギター、バンジョーでの弾き語りライブを、京都を中心に様々な場所で行なう。アコーディオンやチェロ、ギター、マンドリンとのデュオ編成での演奏も。独特の世界観で、風景を映し出す音楽。海の上を飛んでいたり、深い森に迷い込んだり、喫茶店で珈琲の香りが漂っていたり、不思議な夢の中の旅へと誘います。今回はソロだけでなく、初顔合わせとなる河端一氏との共演もお楽しみに。
http://nekooooo.biroudo.jp




posted by びろうどねこ at 01:43| LIVE INFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。